八木かなえ選手 ALSOK(アルソック)を退社 今後未定でも現役続行の可能性3選

八木かなえ選手 ALSOK(アルソック)を退社 今後未定でも現役続行の可能性3選

2022年12月15日 ウエイトリフティングの八木かなえ選手が所属のALSOK(アルソック)を2022年12月31日をもって退社する、と発表されました。

現時点で退社理由は不明です。また今後については未定、とのことですが”引退”というわけではなさそうです。

アルソックを退社はしても引退ではないので、現役続行の可能性が高いと思われます。

この記事では現役続行の可能性を3つ取り上げてみました。
それでは早速本題に入っていきましょう。

八木かなえ選手の年齢とオリンピックへの挑戦

八木かなえ選手は2024年のパリオリンピックへの挑戦を考えているのではないでしょうか。

八木選手は今年30歳で、次のパリオリンピックでは32歳になります。
女子のウエイトリフティングではオリンピック5大会連続出場の三宅宏美さんが、東京オリンピックの時に35歳でした。三宅さんは東京オリンピックでは惜しくも記録なしで終わってしまいました。

三宅さんと同じ、とは言えませんが年齢的には次のパリオリンピックがラストチャンスと考えられます。

八木かなえ選手のオリンピックの成績は下記の通りです。

  • 2012年 ロンドンオリンピック 12位
  • 2016年 リオデジャネイロオリンピック 6位
  • 2021年 東京オリンピック 11位

リオなどはメダルまであと一歩だったことを考えると、もう一度オリンピックのメダルに挑戦をしたいのではないでしょうか。

ウエイトリフティングの普及活動

八木かなえさんは、現役選手として女子ウエイトリフティング競技の普及活動も期待されていると思われます。

公益社団法人 日本ウエイトリフティング協会 2022年6月11日発行の「中長期計画」によると競技の”普及”において女子選手の育成が中長期の課題である、としています。

この点をピックアップしても実績、人気共に現時点で八木かなえ選手は最適な人材です。八木かなえ選手への注目がもっと増えることで女子選手の裾野拡大が期待されます。

もちろん八木かなえ選手の現役を続行する、という意思次第ではありますが協会の期待も絶大であると推測します。

八木かなえ選手の性格

八木かなえ選手の性格をネットやSNSなどの情報を基にまとめてみると、

  • 戦略的(ウエイトリフティングは高校から始めても全国上位が狙える)
  • 負けず嫌い
  • 我慢強い

などなど。

中途半端は好まない性格のようです。
やはり最後はもう一度オリンピックのメダルに挑戦、競技人生を終わりたいのではないでしょうか。

まとめ

今回は八木かなえ選手の現役続行の可能性についてまとめてみました。まだまだ八木かなえ選手の活躍を応援したいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。